スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養蚕体験

みなかみではまだ20軒ほど養蚕をおこなっている農家があります。養蚕体験レポートです。
IMG_0190.jpg
もうすぐ繭になる蚕(オコサマ)です。バリバリだべる音が聞こえます。
IMG_0194.jpg
餌となる桑をあたえるところ。それが数時間で見事に完食。
IMG_0279.jpg
毎日、軽トラ山盛り3杯分食べるそうです。
IMG_0267.jpg
繭になる直前に網の上に集めます。
IMG_0302.jpg
秘密兵器!赤い枠がバタバタ動いて、オコサマがころころ下へ転がってゆきます。
IMG_0264.jpg
そして、洗面器でキャッチされます。
IMG_0266.jpg
この作業中は、オコサマがそこかしこに転がっているので、足元を注意していないとぷちゅっと、やな感触。
IMG_0260.jpg
なかなの迫力です。
IMG_0305.jpg
それをワシャッとつかみどり。ひんやりして結構気持ちがいいです。手もシルクプロテインですべすべです。
IMG_0307.jpg
重さを計って。
IMG_0294.jpg
まぶしという紙でできた枠の間に放り込まれます。
IMG_0316.jpg
各自、気に入ったお部屋へ。
IMG_0322.jpg
その中で繭になります。
IMG_0350.jpg
我が家も観察用にいくつか借りてきました。オコサマをみる我が家のお子様。
IMG_0400.jpg
翌日、気に入らなかったとみえて、天井まで這いあがり、繭になるオコサマも。
IMG_0399.jpg
オコサマの糞も化粧品に、おしっこは喘息の薬になるとか。オコサマはすごいです。
IMG_0331.jpg

こんな奇麗な繭になりました。
IMG_0409.jpg

スポンサーサイト

養蚕体験パート2

本日も養蚕体験に行ってまいりました。
先日、繭を作り始めたオコサマもすっかり蛹になり、マブシという枠からとりだし、毛羽取りという余分な糸を取り除き、汚れたものを選別し、出荷されます。そのためのマシーンがこれ。
IMG_0650.jpg
コンパクトによくできております。
IMG_0647.jpg
下からころころオコサマが転がってまいります。
IMG_0648.jpg
裏からは、毛羽(余分な糸)が綿のようになって出てきます。
昔の機械はこちら、足で踏むと下に突き出される仕組み。
IMG_0679.jpg
IMG_0689.jpg
家族作業で行います。
IMG_0684.jpg
あとは、汚れた繭を一つ一つ丁寧に選別します。
IMG_0664.jpg
出荷を待つ繭
IMG_0675.jpg

出てきました

IMG_0999.jpg
こんな感じに穴をあけて出てきました。

IMG_1032.jpg
するとすぐに卵をうみ始めます。
IMG_1006.jpg
羽はしおれており、全く飛べません。通常、成虫にすらなれずに一生を終える何とも哀れな生き物です。

オコサマ日記

昨年の卵から蚕の幼虫が生まれました。
DSCN6102-1.jpg
生まれました6月5日。ちなみに本日は桂月パパの誕生日 世界環境デーなのだ!
DSCN6106-1.jpg
まだ2mmほどの大きさです。
DSCN6133-1.jpg
体は小さくてもよく食べます。
DSCN6130-1.jpg
一日で食べつくします。6月6日
DSCN6136-1.jpg
6月7日
DSCN6145-1.jpg
6月8日
DSCN6142-1.jpg
6月9日
プロフィール

LIFETREE

Author:LIFETREE
我が家の百姓見習日記
多摩川の源流から利根川の源流に移り住んで、3年ほど。古民家を再生して住んでます。スローライフ イズ ハードライフの古民家再生奮闘記。茅場の再生活動をしている森林塾の現地事務所も兼ねております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。