スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家再生奮闘記9

 ここでの生活はまさに日々奮闘・・・なんとか生活のリズムができたとはいえ、子育てに日常の生活に仕事にリフォームにと毎日があっという間に過ぎていきます。春には桜を愛でながら鯉のぼりをかかげました。
DSCN3222.jpg
夏にはお祭りや獅子舞に参加。
DSCN4209.jpg
秋には紅葉に囲まれながら茅刈りにくるみ拾い。四季の移り変わりを楽しみながら、作業はゆっくりと、でも少しづつ形になってきました。
DSCN4845.jpg
冬直前にようやく内風呂が完成。薪と灯油の両方で沸かせるようにし、台所にも薪ストーブを置きました。
DSCN4765.jpg
薪の火はとても温かくお湯も柔らかく感じます。このあたりは唐松が多く、また薪に最適な広葉樹も豊富。不要な間伐材などを大量にもらいうけ、雪が降りだすまで薪割りに精を出しました。そしてまた冬がやってきました。一晩で車が埋まってしまうほどの雪が降る日もあるので、思いきって中古の除雪機を買いました。年末年始に帰省しその後帰宅するとその除雪機と軽トラがすっぽり隠れるほど積もっていました。
日本の四季はまさに春夏秋冬それぞれの色と顔を持ちます。昔はどこにいても感じたであろう自然の変化を今感じるのは難しいこと。それをここでは体感できる。夜になれば外灯もなく本当にまっ暗!それでも天の川や満天の星を楽しみ、月夜には月の本当の明るさを感じる。春になれば山野草にあふれ、秋には一面の紅葉に山は色づく。冬は2メートルを超える雪に埋もれながらもその自然と遊ぶこともできる。そんな過酷?な環境ではありますが、「スローライフイズハードライフ」が実はちょっぴり贅沢・・・そして、この環境こそが何よりの財産かなと感じています。「パパのお手伝いをする」のが将来の夢と語る息子。2歳のおぼつかない手つきで、薪運びを手伝う娘。なかなかたくましくそして心強く育っているわが子たちの成長とともに、北山家の古民家奮闘記はまだまだ続きます。
薪でわかす露天風呂
スポンサーサイト
プロフィール

LIFETREE

Author:LIFETREE
我が家の百姓見習日記
多摩川の源流から利根川の源流に移り住んで、3年ほど。古民家を再生して住んでます。スローライフ イズ ハードライフの古民家再生奮闘記。茅場の再生活動をしている森林塾の現地事務所も兼ねております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。